H小説

TOP > MAIN > Archive

処女っぽいド貧乳の生保レディがなぜか可愛く見えて

当時配属されてた部署って、すっごい人数が少ないこぢんまりした事務所だったのね。ま、それはいいとして、週に1回くらい◯◯生命のセールスレディが契約なんて取れっこないのにせっせと通って来てたの。事務所の女の子との会話でも、「ほんっと地味」とか「絶対処女」って言われるほどのルックスだった。イメージとしては白い大きなパンにゴマが2つ、あとなんとなく何かがあるって感じ。年はたぶん30手前。髪の毛は真っ黒で、変
by 衝撃みんなのエロ体験談


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。