H小説

TOP > MAIN > Archive

保健室の先生に包茎の相談に行ったら、先生が指で・・・

中2の時、包茎で悩んでて、「このままじゃ一生剥けないんじゃないか」という妄想で頭が一杯になって、放課後保健室に相談に行った。うちの学校の保健室には、26歳の細身でポニーテールが似合う色っぽいお姉さんがいて、しかも凄く優しくて男子(一部女子も)はハァハァしていた。俺が保健室に行くと、お姉さんは薬の空き箱をごみ袋に入れている所だった。
by 禁断の体験 エッチな告白集


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。