H小説

TOP > MAIN > Archive

バスタオル一枚で異世界転移 第三章 4

 私はドラゴンの傍の地面に、木の棒を使って絵を描いていきます。 まずは自分の表す人型と、美女さんたちを表す羽根の生えた人型。そしてドラゴン。(……これがドラゴンだって、通じるでしょうか……?) 人型はともかく、ドラゴンを図示するのって難しいです。 とりあえずトカゲに翼と角みたいなものを描き足してみましたが、通じるでしょうか。 私は自分たちとその絵を交互に示して、なんとかそれが私たちを示しているものだと
by 黎明媚態


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。