H小説

TOP > MAIN > Archive

目が覚めたら、お母さんが僕の上にまたがっていました

ある時期までずっと、お母さんとSEXしていました。何時が最初だったのかは、憶えています。11か、12だったと思います。 憶えているのは、夜中になると、お母さんが僕の体の上で、裸の体を揺り動かしている姿です。まず、僕の陰茎は、お母さんの口で大きくされて、そのあと、お母さんが大きくなった陰茎に腰を落とすようにして、自分の中に導き入れてくれました。
by 禁断の体験 エッチな告白集


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。