H小説

TOP > MAIN > Archive

会ったその日に潮を吹いてイッた看護婦の卵

この間、地下街をフラフラとあてもなく歩いている女の子を見つけた。「遊ぼうよ」って声を掛けたら、口に手を当てて「えっ?えっ?」と言いながらもついて来るので、そのまま手を取ってラブホにしけ込んだ。ベッドに腰掛けながら話を聞くと、春に田舎から出てきて看護学校に通っているらしい。名前は、ミホ。バイトでも探そうと、週末の朝早くから街を彷徨っていたらしい。ややポッチャリ型だけど太っているわけではなく、胸もBカ
by 衝撃みんなのエロ体験談


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。