H小説

TOP > MAIN > Archive

母のあそこが気になって仕方なかった、子供のころの俺

おれが子供の頃は風呂がある家などほとんどなかった。だからおれの家も含め、隣近所ではどこも夕方になると家族そろって銭湯に行ったものだ。おれは小学校三年生くらいまで母や姉と一緒に女湯に入っていた。 性欲には目覚めていないから女の裸に興奮もないのだが、ひとつだけいつも気になっていたことがある。それは姉の股間についているものとおれの股間についているものがどうして違うものなのだろう、ということだった。
by 禁断の体験 エッチな告白集


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。