H小説

TOP > MAIN > Archive

受胎への決意#2

 私は、ソニアの落ち着いた態度と穏やかな物腰が、想像していたものとまったく違い呆然としていると「ひょっとしてもっとマッチョな人を想像してたかしら?」「エースメンバーって言うと大抵みんなそんな風に思うみたいだけど・・・」「まぁメンバーの中にはそういう人もいるけど、要は上手く立ち回れば、装備を持って走り回れる程度の筋力と持久力でいいのよ」 ソニアはそう言って私の頬を優しく手で撫でた。柔らかな手の感触と
by インプレグネイトサバイバー


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。