H小説

TOP > MAIN > Archive

※不妊治療をあきらめた嫁は、私の兄に受精を託しました3(転載禁止)

「そ、そうだけど。どうして?」兄は血液型を聞かれて、不思議そうな顔をしています。私は、すぐに景子の意図がわかったので、胃のあたりが重くなっていました。『光治さんも同じなんですよ。だから、安心ですね』景子は、少しおどけたような顔で言います。「それって、妊娠しても……って事?」兄は、聞きづらそうな感じです。『そうですよ。血液型も、DNA的にも安心ですよね』景子は、そんな事を言いました。兄は、ペニスを景子の
by NTR 使える寝取られサイト


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。