H小説

TOP > MAIN > Archive

「引き裂かれた白衣」 第30話 新しい事業

 その声は、奈美と良子にも聞こえている。(セックスだわ、セックスしているんだ!)乳房を撫でさせ、肉竿を擦りながら思った。(こっちも、頑張らないと…)(そうよね、性器を見せて早めましょうよ)頷くと淫裂を見せて、肉竿を擦りだした。それには一溜まりなく、先端から精液が噴き出した。その処理を済ますと、2人は患者を挟んで横になった。 一方、新田は母親をベッドに寝かせ、肉竿をピストンしている。「いいわ、凄くい
by 赤星直也のエロ小説


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。